医師

事故に遭ったら親身になってくれる上尾の接骨院で交通事故治療

相手の人に治療費はいくら払ってもらえる?

交通事故によって怪我を負ったときに、相手方には治療費をどれくらい払ってくれるのか?ちょっとこちらの不注意があった時には全額払われないのでは?と思ったりもするでしょう。交通事故というのは基本的には加害者が全額負担をします。ですが、支払いはすぐにやってくれるわけではなく、いったんは被害者側が支払ってあとから請求するというのが一般的です。その際に、請求をするにもしっかりとお金を払ったということを示さないといけませんので、請求書などはしっかりと取っておいてください。ただ、診察や治療が不当に高額となっている場合や、過剰な診療に対しては、全額の請求が認められない場合があります。通常かかる治療費よりも超えた場合には、不要な治療費でありますから認められないというのです。また、事故の内容によっても過失割合というものがあります。過失割合は事故の内容によって被害者側に落ち度があった場合などには、被害額の全部を補わなくてもいいようになるのです。こうなると全額支払ってもらえなくなることもありますから、注意しておきましょう。交通事故をしたときには、お金は基本的に加害者に支払ってもらえますからそのあたりはしっかりと覚えておきましょう。

見所一覧